スポンサーリンク


吉田麻也ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

~選手特集・「吉田麻也」編~

管理人テツ
今回は世界を知る日本のディフェンスリーダー、吉田麻也という選手に深く迫っていきます♪

本記事を読み、皆さんに吉田選手の多くの魅力が伝われば幸いです。

スポンサーリンク


吉田麻也ってどんな選手?ープロフィール紹介ー

Embed from Getty Images
まず始めに、吉田選手のプロフィールをご紹介!

名前吉田 麻也(よしだ まや)
生年月日1988年8月24日
身長・体重189cm・85kg
出身地長崎県
利き足右足
結婚既婚(2012年9月・一般女性)
高校年代名古屋グランパスユース
入団チーム名古屋グランパス
移籍先①VVVフェンロ
移籍先②サウサンプトンFC
メインポジションセンターバック
サブポジションサイドバック

高校年代:名古屋グランパスユース

高校年代は、名古屋グランパスのユースチームでもある名古屋グランパスユースに所属。

豊田高校の普通科に進学し、授業後はすぐに練習に向かう生活を続けていました。

2006年の3年生時には、中心選手として高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会で準優勝に貢献。

入団チーム:名古屋グランパス

そして卒業後の2007年に名古屋グランパスのトップチームに昇格を果たしました。

入団後の2007年シーズンから出場機会を得ると、リーグ戦19試合に出場。

翌2008年シーズンは五輪代表チームに招集されチームを離れている期間もありましたが、それ以外はレギュラーに定着を果たし、リーグ戦22試合に出場しました。

3年目となる2009年シーズンには、背番号を「4」を背負い守備陣の柱としてリーグ戦30試合に出場。

移籍先①:VVVフェンロ

そして所属クラブでの活躍・日本代表デビューを果たした吉田選手は海外挑戦を表明。

2009年12月にオランダのVVVフェンロへの完全移籍が決定しました。

しかし移籍後すぐに足首を骨折し、2009-10シーズンは出番は無し。

翌2010-11シーズンに復帰を果たすと、リーグ戦20試合に出場しました。

移籍3年目となる2011-12シーズンには、チームのレギュラーに定着

リーグ戦32試合に出場を果たし、チーム2位となる5得点を決め攻守に渡って躍動しました。

移籍先②:サウサンプトンFC

2012年8月、プレミアリーグのサウサンプトンFCへの完全移籍が決定。

移籍後の2012-13シーズンからレギュラーの座を掴むと、リーグ戦32試合に出場。

同シーズンの第24節マンチェスターユナイテッド戦では香川真司とプレミアリーグ史上初の日本人対決を達成しました。

翌2013-14シーズンには、負傷にも悩まされ出場機会を減らしリーグ戦の出場は8試合のみという結果に。

そして2014-15シーズン~2015-16シーズンにかけては不慣れなサイドバックでの起用が増え、なかなか定位置を確保する事は出来ませんでした。

移籍後5年目となる2016-17シーズンでは、センターバックとしての出場機会が増えていきキャプテンを任される試合も。

第35節では日本人選手初のプレミアリーグ100試合出場を果たしました。

2017-18シーズンにはチームのベテラン組としてレギュラーに定着を果たし、12月のレスター・シティ戦では岡崎慎司と共に得点を挙げ、プレミアリーグ史上初の複数のアジア人選手が得点した試合となりました。

適正ポジション

管理人テツ

吉田選手のメインポジションはセンターバック

189cmという長身を活かした空中戦の強さ、攻撃の起点となるフィードの上手さが特徴的です♪

所属クラブではサイドバックを任される事もありますが、サイドを駆け上がるプレーを得意としていないので、あくまでサブポジションと言えますね。

日本代表では不動のセンターバックとしてチームを牽引しています。

 

吉田麻也のプレースタイルの特徴(武器)は?

Embed from Getty Images
それでは次に吉田選手のプレースタイルの3つの特徴をそれぞれ解説していきます!

日本人離れした体格・フィジカルを活かした空中戦の強さ。

1つ目は、「日本人離れした体格・フィジカルの強さを活かした空中戦の強さ。

日本サッカー史上最強センターバックと呼ばれる中澤佑二選手は187cm、田中マルクス闘莉王選手は185cm。

吉田選手はこの2人を凌ぐ189cmという日本選手トップクラスの高さを持ち合わせています。

この高さはセンターバックにとってまさに”最大の武器”

ディフェンス時のハイボールの競り合い、攻撃時のセットプレーの得点源として吉田選手の高さが存分に活かされます。

管理人テツ
特に守備面での貢献度は大きく、クロスボールに対するストライカーの動きをシャットアウト出来るというプレーが吉田選手の最大の強みと言えるでしょう♪

 

攻撃の起点となる最終ラインからのフィード精度の高さ。

2つ目は、「攻撃の起点となる最終ラインからのフィード精度の高さ。

空中戦の強さに次いで注目すべき吉田選手の武器は、”フィードキック”

大柄な選手でありながら足元の技術・キック精度に優れているのが吉田選手の魅力です。

特にフィードキックの精度は世界屈指のクオリティを持っており、最終ラインに位置しながらも正確なフィードキックで攻撃を組み立てる事が出来ます。

実際に代表戦・プレミアリーグでも吉田選手のフィードキックが起点となり、多くの得点が生まれています。

管理人テツ

クリアする事に精一杯になってしまうディフェンダーが多い中で、大事にボールを繋ぎ攻撃の起点になる事が出来る。

吉田選手は現代のサッカーにマッチしているセンターバックと言えますね♪

 

戦術理解度・リーダーシップに優れる、絶対的ディフェンスリーダー。

3つ目は、「戦術理解度・リーダーシップに優れる、絶対的ディフェンスリーダー。

フィールドプレイヤーの最後尾に位置するセンターバックには、”戦術理解力・リーダーシップ”が必ず求められます。

・マークの受け渡しの指示。

・チーム全体のバランスを整える指示。

・戦況を分析して、味方選手へ出す指示。etc…

などチーム全体の舵を取る役目はセンターバックに任されます。

Maya Yoshidaさん(@mayayoshida22)がシェアした投稿


吉田選手は日本代表・クラブと経験が豊富なプレイヤーともあり、この”戦術理解力・リーダーシップ”に優れています。

常にチーム全体の動きを見ながら、マークの受け渡しや各選手への指示を試合を通して大きな声で行っています。

2018年ロシアW杯後は長谷部選手からキャプテンマークを受け継ぎましたね。

管理人テツ
最近では日本代表だけでなく、プレミアリーグでも日本人初のキャプテンを任されており、そのリーダー性が評価されている事が分かりますね♪

 

スポンサーリンク


吉田麻也のサッカーファンからの評価/反応は?

Embed from Getty Images
続いて吉田選手のサッカーファンからの評価/反応を分析していきます。

吉田選手に対するサッカーファンのプラスの声マイナスの声それぞれをまとめてみました!

サッカーファンからのプラスの声

サッカーファンからのマイナスの声

吉田麻也に対する評価/反応まとめ

吉田選手へのサッカーファンからの声を参考に、サッカーファンが思い描く「吉田麻也」の選手像をまとめてみました!

吉田麻也に対する評価/反応まとめ

・空中戦が強い。

 

・対人守備が強い。

 

・フィードキックが上手い。

 

・失点に繋がるポカミスが多い。

 

・アジリティ勝負にやや弱い。

189cmと日本人選手の中ではトップクラスの高さを持つ吉田選手。

空中戦・対人守備の強さを評価する声が多く、”当たりに強いディフェンダー”というイメージを持たれているようです。

またパスセンスにも優れており、攻撃の起点となるフィードキックの精度を評価する声も多く見受けられました。

一方で高さ・フィジカル勝負ではなく、一瞬のアジリティ勝負に弱いというマイナスの声も…

さらに最近は改善されてきていますが、失点に繋がるポカミスの多さを指摘する方もおられました。

管理人テツ
最終ラインでのミスは勝敗に直結してしまうので、ゴール前でのイージーミスだけは気をつけてもらいたいですね…( ̄∇ ̄)v

 

吉田麻也の試合中継をライブで視聴するには?

Embed from Getty Images
吉田選手はプレミアリーグでプレーしているので、通常の地上波放送では試合中継をライブで視聴する事は出来ません。

一般的にはプレミアリーグの試合中継をライブで視聴するには「DAZN」を利用した視聴方法が王道とされています。

以下の記事で簡単&詳しく視聴方法を解説しているので、気になる方は合わせてご覧下さい。

【2019-20】プレミアリーグ試合中継のテレビ/パソコン/スマホでの視聴方法を超簡単解説【誰でも3分で分かる】

2018.03.13

 

~吉田麻也の人気グッズ一覧~

 

まとめ

以上が、選手特集・「吉田麻也」編~になります。

日本人選手として初めてプレミアリーグでキャプテンを務めた、世界に誇るディフェンスリーダー

世界屈指の名ストライカーとバチバチやり合うことによって、その”ディフェンス力”は研ぎ澄まされ続けていますね♪

管理人テツ
日本代表のキャプテンとしても、今後日本サッカー界を引っ張っていってくれるでしょう!

今後の吉田選手のますますの活躍を当サイトは心から応援しています。

最後まで閲覧頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

田中マルクス闘莉王ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.08.23

槙野智章ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.04.12
スポンサーリンク


>>【1度は見てみたい】日本代表歴代マイベストイレブン<<