柴崎岳ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

~選手特集・「柴崎岳」編~

管理人テツ
今回は冷静沈着、鋭い縦パスで決定機を作る日本のレジスタ、柴崎岳という選手に深く迫っていきます♪

本記事を読み、皆さんに柴崎選手の多くの魅力が伝われば幸いです。


柴崎岳ってどんな選手?ープロフィール紹介ー

Embed from Getty Images
まず始めに、柴崎岳選手のプロフィールをご紹介!

名前柴崎 岳(しばさき がく )
生年月日1992年5月28日
身長・体重175cm・64kg
出身地青森県
利き足右足
結婚既婚(2018年7月・真野恵里菜)
高校年代青森山田高校
入団チーム鹿島アントラーズ
移籍先①CDテネリフェ
移籍先②ヘタフェCF
移籍先③デポルティーボ・ラ・コルーニャ
メインポジションボランチ
サブポジショントップ下

高校年代:青森山田高校

高校年代は、Jリーグのユースチームではなく青森山田高校のサッカー部に所属していました。

入学後、1年生ながら背番号10を背負いチームの司令塔に。

そして2年生時には全国高等学校サッカー選手権大会で主力として出場し、準優勝を達成しました。

入団チーム:鹿島アントラーズ

高校卒業後は、常勝軍団鹿島アントラーズへ入団。

入団直後の2011年シーズンから出場機会を得ると、10月のナビスコ杯でプロ初得点を挙げ、リーグ戦には13試合出場しました。

そしてプロ入り2年目の2012年シーズンからはチームのスタメンに定着。

リーグ戦では31試合に出場しベストヤングプレーヤー賞を受賞、ナビスコ杯では決勝で2得点を挙げる活躍を見せ、最優秀選手賞を受賞しました。

2013年シーズン~2016年シーズンにかけては、鹿島の司令塔としてチームを牽引。

2014年にはJリーグベストイレブンを受賞し、2016年には10番を背負いチームの顔となりました。

そして2016年12月にはクラブW杯に出場し、レアル・マドリードが待つ決勝に進出。

結果は逆転負けで準優勝となりましたが、柴崎選手はレアル相手に2得点を奪う活躍を見せ世界中に強烈なインパクトを与えました。

移籍先①:CDテネリフェ

クラブW杯の活躍もあり、2017年2月に当時リーガエスパニョーラ2部のCDテネリフェへの移籍が決定。

慣れないスペインでの生活で体調を崩しスタートがやや遅れたが、3月の第30節でリーガデビューを飾りました。

リーグ戦16試合に出場し2得点、昇格プレーオフではチームを決勝に導く活躍を見せましたが、惜しくも決勝で敗れてしまいチームは1部昇格を逃してしまいました。

移籍先②:ヘタフェCF

2017年7月、リーガエスパニョーラ1部のヘタフェCFへの完全移籍を発表。

背番号は青森山田・鹿島でも背負っていたエースナンバーの「10」に。

加入後の2017-18シーズンの開幕戦からスタメン出場を果たすと、9月の第4節のバルセロナ戦で加入後初ゴールを記録。

クラブW杯でレアルマドリードから2得点を奪っていた柴崎選手は、レアルマドリード・バルセロナの両方から得点を奪ったの日本人に。

しかしその後は、なかなかクラブでは定位置を掴むことは出来ず。。

移籍先③:デポルティーボ・ラ・コルーニャ

そして2019年の7月に当時スペイン2部のデポルティーボ・ラ・コルーニャへの移籍が発表されました。

適正ポジション

管理人テツ

中盤の位置でボールを受けて、広い視野を活かしてボールをさばくプレーを得意とする柴﨑選手。

さらにゴール前でのスルーパス・ミドルシュートも武器としているので、メインポジションはボランチと言えますね。

日本代表でも、ボランチが定位置。

トップ下としてのプレー経験もあるようです。

 


柴崎岳のプレースタイルの特徴(武器)は?

Embed from Getty Images

それでは次に柴崎選手のプレースタイルの3つの特徴をそれぞれ解説していきます!

基礎技術力が高く、1プレー1プレーの質が高い。

1つ目は、「基礎技術力が高く、1プレー1プレーの質が高い。

柴崎選手はとにかく基礎技術がしっかりしていて、イージーミスが少ない選手

中盤では選手間の距離感が近く些細なミスが命取りとなるので、柴崎選手の”質の高いプレー”は最大の武器となります。

派手なテクニックで相手を交わすタイプではありませんが、繊細なボールタッチ・正確なピンポイントパスでチームにリズムをもたらすプレーが特徴的です。

管理人テツ
信頼してボールを預ける事が出来る”チームに欠かせない絶対的司令塔”、これが柴﨑選手のプレーの1つ目の魅力です♪

 

視野の広さ・卓越したパスセンスから、1人でゲームに違いをもたらす事が出来る。

2つ目は、「視野の広さ・卓越したパスセンスから、1人でゲームに違いをもたらす事が出来る。

技術の高さに次いで注目すべき、柴崎選手の魅力は”視野の広さ・卓越したパスセンス”

「一人だけ次元が違った。小学生なのにあれだけ周りが見えていて、プレーに変化をつけることが出来る」

青森山田高校サッカー部・黒田剛監督

と黒田監督が柴崎選手と出会った時の印象を語るように、その能力の高さはプロ入り前の幼少期からすでに身につけていた物。

中学、高校、プロ入り後とその能力はさらに研ぎ澄まされていき、今では世界最高の舞台・リーガエスパニョーラでプレーするまでに。

ショートパスに縦パス、サイドチェンジ…とコート全体を見渡し、状況に合ったベストなパスを中盤から供給。

相手選手がまだ見えていないコースへのスルーパスはまさに絶品です♪

管理人テツ
”1つのパスでゲームを動かす事が出来る司令塔”、これが柴﨑選手のプレーの2つ目の魅力です♪

 

両足から繰り出される、高精度のミドルシュートによる決定力。

3つ目は、「両足から繰り出される、高精度のミドルシュートによる決定力。

パサーとしてのイメージが強い柴崎選手ですが、”ミドルシュートの精度の高さ”にも光る物があります。

さらに両足で高精度のミドルシュートを打てるというのも柴崎選手の強み。

クラブW杯のレアルマドリード戦で見せた、ドリブル突破からの左足のミドルシュートはまさにワールドクラスでしたね( ̄∇ ̄)v

管理人テツ

パスによる展開だけでなく、隙さえあれば”自らもゴールを奪える司令塔”

これが柴﨑選手のプレーの3つ目の魅力です♪

 


柴崎岳のサッカーファンからの評価/反応は?

Embed from Getty Images

続いて柴崎選手のサッカーファンからの評価/反応を分析していきます。

柴崎選手に対するサッカーファンのプラスの声マイナスの声それぞれをまとめてみました!

サッカーファンからのプラスの声

サッカーファンからのマイナスの声


柴崎岳に対する評価/反応まとめ

柴崎選手へのサッカーファンからの声を参考に、サッカーファンが思い描く「柴崎岳」の選手像をまとめてみました!

柴崎岳に対する評価/反応まとめ

・技術が高く、視野が広い。

 

・パス、ミドルシュートが上手い。

 

・縦への仕掛け、スピードがやや物足りない。

 

・守備の軽さが不安。

「視野が広い」「パスが上手い」などの声が多く、”柴崎選手=レジスタ”というイメージが定着しているようです。

またミドルシュートの上手さも評価されており、中盤に位置しながらも決定力が期待されている事も分かります。

一方でパス意識が強いため、個での縦への仕掛け・スピードが物足りないという声も…

管理人テツ
パサーにドリブル突破を求めるのはお門違いのような気もしますが、イニエスタ選手のような中盤で何でも出来る万能プレーを求められているのかもしれませんね♪

 


~柴崎岳の人気グッズ一覧~

柴崎岳 日本代表 オフィシャル タオルマフラー(選手) No.7【サッカー 日本代表 グッズ タオル マフラー サポーター】【店頭受取対応商品】

 

まとめ

以上が、選手特集・「柴崎岳」編~になります。

”質の高いワンプレー”でゲームに違いをもたらす事が出来る、天才レジスタ柴崎岳。

管理人テツ
世界最高の舞台のリーガでもそのクオリティを発揮しており、日本代表でも不動のボランチとしてこれから定着していくことでしょう♪

今後の柴崎選手のますますの活躍を当サイトは心から応援しています。

最後まで閲覧頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

遠藤保仁ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.06.14

長谷部誠ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.04.04

>>【1度は見てみたい】日本代表歴代マイベストイレブン<<