スポンサーリンク


岡崎慎司ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

~選手特集・「岡崎慎司」編~

管理人テツ
今回は日本サッカー史に残るゴールハンター、岡崎慎司という選手に深く迫っていきます♪

本記事を読み、皆さんに岡崎選手の多くの魅力が伝われば幸いです。


岡崎慎司ってどんな選手?ープロフィール紹介ー

Embed from Getty Images

まず始めに、岡崎選手のプロフィールをご紹介。

名前岡崎 慎司(おかざき しんじ)
生年月日1986年4月16日
身長・体重174cm・76kg
出身地兵庫県
利き足右足
結婚既婚(2008年7月・一般女性)
高校年代滝川第二高校(兵庫県)
入団チーム清水エスパルス
移籍先①VfBシュトゥットガルト
移籍先②1.FSVマインツ05
移籍先③レスター・シティFC
メインポジションフォワード
サブポジションサイドハーフ

高校年代:滝川第二高校(兵庫県)

高校年代ではユースチームではなく、滝川第二高校(兵庫県)のサッカー部に所属していました。

1年生の時からレギュラーの座を掴み取るとその年の全国高校選手権ではベスト4入り。

3年生の時にはキャプテンを務め、全国高校選手権では怪我を抱えながらも奮闘したが、本田圭佑率いる星稜高校に敗れ2回戦敗退となりました。

入団チーム:清水エスパルス

2005年の高校卒業時には、ヴィッセル神戸と清水エスパルスの2クラブから打診があり、清水エスパルスを選択。

加入後はプロのレベルの高さを痛感し、フォワードのメンバー競争で後手に回っていたが、サテライトで着実に結果を残し2007年シーズンにはトップチームで起用され、リーグ戦では5得点を決めました。

翌2008年シーズンでは、リーグ戦で10得点を挙げフォワードの主力の定位置を獲得。

プロ入り5年目となる2009年シーズンでは、ヨンセンらと共に得点を量産し、自身はリーグ戦で14得点を決める活躍を見せました。

シーズン終了後にはJリーグベストイレブン、優秀新人賞を受賞

2010年シーズンでは第2節で前歯2本を折る怪我を負ったが、リーグ戦出場31試合で13得点という安定した成績を記録を残しました。

移籍先①:VfBシュトゥットガルト

所属クラブ・日本代表の両方で活躍する岡崎選手は、2011年に海外挑戦を表明。

1月にブンデスリーガのVfBシュトゥットガルトへの完全移籍が発表されました。

加入直後2010-2011シーズンからスタメンの座に定着すると、献身的な動きでチームを勢いづけチームの1部リーグ残留に大きく貢献

2011-12シーズンはスタメンを外される事も増えたが、バイシクルシュートを決めるなど存在感を発揮しリーグ戦で7得点を決める安定した活躍を見せました。

しかし翌2012-13シーズンでは調子を落とし、リーグ戦ではわずか1ゴールという不本意なシーズンとなりました…

移籍先②:1.FSVマインツ05

そして2013年6月に同じくブンデスリーガの1.FSVマインツ05への移籍を決断。

移籍直後から出場機会を得ると、コンスタントに得点を積み重ねていき自身ドイツ初のマルチゴールを含むリーグ戦15ゴールを挙げ2013-14シーズンを終えました。

シーズン15得点は、マインツのクラブタイ記録・自身のキャリアハイ・ブンデスリーガの日本人最多得点と記録づくしの物となりました。

そして翌2014-15シーズンも攻撃陣の主力として活躍を遂げ、リーグ戦12得点2シーズン連続の2桁得点を記録しました。

移籍先③:レスター・シティFC

2015年6月プレミアリーグのレスター・シティFCへの移籍が発表されました。

移籍直後の2015-16シーズンから2トップの一角として出場を果たし、豊富な運動量でチームに大きく貢献

リーグ戦出場36試合で5ゴールとやや少なめでありながら、守備能力の高さなどが評価されチームに欠かせない戦力となりました。

そしてチームは勢いに乗り、創設132年で初のプレミアリーグ優勝という歴史的快挙を達成。

岡崎自身も「影のヒーロー」と賞賛されるなど、忘れられない充実したシーズンとなりました。

翌2016-17シーズンはリーグ戦では低迷するものの、欧州CLではベスト8入りを達成し岡崎自身もグループリーグで欧州CL初得点を記録しました。

2017-18シーズンは開幕から2試合連続ゴールを奪うなど幸先の良いスタートを切り、カップ戦でも活躍。

第17節の吉田麻也所属のサウサンプトンFC戦では吉田・岡崎の両方が得点を挙げ、プレミアリーグ初の複数のアジア人選手が得点した試合となりました。

レスターとの契約期間が満了に近づいているため、今後の去就に注目が集まっています!

適正ポジション

日本代表でも歴代3位の50得点を挙げている、生粋の点取り屋・岡崎選手。

管理人テツ
チームの最前線に位置する、フォワードがメインポジションです♪

また豊富な運動量・守備意識の高さも持ち味ですので、サイドハーフして出場する事も可能です。

日本代表でもフォワード・サイドハーフの両方で出場しています。

 

岡崎慎司のプレースタイルの特徴(武器)は?

Embed from Getty Images

それでは次に岡崎選手のプレースタイルの3つの特徴をそれぞれ解説していきます。

”ゴールを奪うため”の動き出し・ポジショニングの質の高さ。

1つ目は、「”ゴールを奪うため”の動き出し・ポジショニングの質の高さ。

岡崎選手の得点パターンはほとんどがワンタッチゴール、とにかくタッチ数が少ないゴールが目立ちます。

これは岡崎選手が、”触ればゴール出来るポジション”を常に取っているという事を意味します。

いわゆる「ゴールへの嗅覚」という物です。

味方選手がパスを出す体勢に入った時、岡崎選手はまず自分がワンタッチでゴール出来るポジションを探します。

・相手選手の背後を取る動き出し。

・一気に相手選手の前に走り込む。etc…

などボールを受ける前のポジション取りが抜群に上手いです。

管理人テツ
この”動き出し・ポジショニングの質の高さ”こそが岡崎選手の最大の魅力と言えます♪

 

”何が何でも貪欲にゴールを奪う”という泥臭さ。

2つ目は、「”何が何でも貪欲にゴールを奪う”という泥臭さ。

岡崎慎司=泥臭い

というイメージが定着するほど、岡崎選手といえばどんな状況でも貪欲にゴールを狙うプレーが特徴的です。

たとえ相手選手に倒されながらでも、体を投げ出してでも得点を狙います。

普通の選手が諦めるようなシーンからでも得点を奪える。

これこそが岡崎選手が得点を量産出来る極意です。

管理人テツ
現に岡崎選手は万全な体勢でないゴールシーンが多いので、そこに注意して見てみて下さい( ̄∇ ̄)

 

前線から激しくプレッシャーをかけ続ける、守備意識の高さ。

3つ目は、「前線から激しくプレッシャーをかけ続ける、守備意識の高さ。

岡崎選手の唯一無二とも言える長所。

それは、ストライカーでありながら守備に特化しているという所です。

最前線でも決してサボらず、豊富な運動量を活かして相手選手のボールを追い続けます。

これは欧州でも高い評価を受けており、”まるで猟犬のようだ”とも言われています。

前線の選手が高い位置でボールを奪う事は、

・チャンスに直結する。

・味方守備陣の負担を減らす。etc…

などチームに多くの好影響をもたらします。

管理人テツ
目立つプレーではありませんが、レスター優勝時は「影のヒーロー」とも賞賛されているようにチームへの貢献度の大きさが岡崎選手の魅力と言えます♪

 


岡崎慎司のサッカーファンからの評価/反応は?

Embed from Getty Images

続いて岡崎選手のサッカーファンからの評価/反応を分析していきます。

岡崎選手に対するサッカーファンのプラスの声・マイナスの声それぞれをまとめてみました。

サッカーファンからのプラスの声

サッカーファンからのマイナスの声

岡崎慎司に対する評価/反応まとめ

岡崎選手へのサッカーファンからの声を参考に、サッカーファンが思い描く「岡崎慎司」の選手像をまとめてみました。

岡崎慎司に対する評価/反応まとめ

・得点力に優れるストライカー。

 

・泥臭いプレー・守備が出来る貴重な選手。

 

・ハードワークしてチャンスに絡める。

 

・足元の技術力がやや低く、ゲームメイク力が物足りない。

日本代表歴代3位の50得点を挙げている事もあり、”得点力のあるフォワード”としての評価が多いです。

また泥臭さ・守備力・運動量を評価する声も多く、チームに欠かせない選手として信頼を集めている事もよく分かります。

管理人テツ
一方足元の技術力を不安視する声もありますが、岡崎選手はワンタッチでのフィニッシャータイプですので、そこは温かい目で見守りましょう…(笑)

 

岡崎慎司の試合中継をライブで視聴するには?

Embed from Getty Images

岡崎選手はプレミアリーグでプレーしていますので、通常の地上波放送では試合中継をライブで視聴する事は出来ません。

一般的にはプレミアリーグの試合中継をライブで視聴するには「DAZN」を利用した視聴方法が王道とされています。

以下の記事で簡単&詳しく視聴方法を解説していますので、気になる方は合わせてご覧下さい。

【2018-19】プレミアリーグ試合中継のテレビ/パソコン/スマホでの視聴方法を超簡単解説【誰でも3分で分かる】

2018.03.13

 

~岡崎慎司の人気グッズ一覧~

 

まとめ

以上が、選手特集・「岡崎慎司」編~になります。

日本代表歴代3位の50得点を挙げた、”サッカー史に残る名選手・岡崎慎司”

管理人テツ
足元の派手な技術が無くても、シンプルなワンタッチプレーで得点を量産出来る事を証明した偉大なストライカーですね!

今後の岡崎選手のますますの活躍を当サイトは心から応援しています(^-^)

最後まで閲覧頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

武藤嘉紀ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.05.25

大迫勇也ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.03.29
スポンサーリンク


>>【1度は見てみたい】日本代表歴代マイベストイレブン<<