スポンサーリンク


中島翔哉ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

~選手特集・「中島翔哉」編~

管理人テツ
今回は世界レベルのカットイン・ドリブル突破を武器にする天才ウィンガー、中島翔哉という選手に深く迫っていきます♪

本記事を読み、皆さんに中島選手の多くの魅力が伝われば幸いです。

スポンサーリンク


中島翔哉ってどんな選手?ープロフィール紹介ー

Embed from Getty Images

まず始めに、中島選手のプロフィールをご紹介!

名前中島 翔哉(なかじま しょうや)
生年月日1994年8月23日
身長・体重167cm・64kg
出身地東京都
利き足右足
結婚既婚(2017年8月・一般女性)
高校年代東京ヴェルディユース
入団チーム東京ヴェルディ
移籍先①カターレ富山
移籍先②FC東京
移籍先③ポルティモネンセSC
移籍先④アルドゥハイル
移籍先⑤FCポルト
メインポジションサイドハーフ
サブポジショントップ下

高校年代:東京ヴェルディユース

高校年代は、東京ヴェルディのユースチームの東京ヴェルディユースに所属。

1年生時の2010年には東京都選抜として国体に出場し優勝、2年生時の2011年にはクラブユース選手権で連覇を達成しました。

入団チーム: 東京ヴェルディ

3年生になる2012年2月に2種登録選手として東京ヴェルディのトップチームに登録。

昇格後の2012年シーズンから出場機会を得ると、J2第33節でJリーグ初出場・初得点を記録しました。

2012年シーズンはリーグ戦8試合に出場し4得点。

しかし翌2013年シーズンは先発出場の数が大幅に減っていき、リーグ戦21試合に出場し2得点という結果に終わりました。

移籍先①:カターレ富山

そして2014年FC東京へ完全移籍し、カターレ富山への期限付き移籍が決定。

加入直後からチームの攻撃のキーマンとして躍動しましたが、なかなか結果がついてこずリーグ戦28試合に出場し2得点という満足出来ない結果に。。

期限付き移籍におけるカターレ富山でのシーズンは1季のみとなりました。

移籍先②: FC東京

2014年8月にFC東京への復帰が決定。

復帰後の2014年シーズンは途中出場などでリーグ戦5試合に出場を果たしました。

翌2015~2016年シーズンは定位置こそ確保する事は出来なかったものの、鋭いカットインからのシュートという得意の形で存在感を発揮。

2017年シーズンは開幕からリーグ戦21試合に出場し、チームの攻撃のキーマンとして攻撃陣を牽引しました。

移籍先③:ポルティモネンセSC

そして2017年8月にプリメイラ・リーガのポルティモネンセSCへの期限付き移籍が決定。

デビュー2戦目の第6節で初得点を含む2得点を挙げる活躍を見せ、その後もシーズンを通して得点・アシストを量産し続けました。

終わってみればリーグ戦29試合に出場し10得点12アシストという圧倒的な成績を記録。

移籍先④:アルドゥハイル

2019年1月にカタールリーグのアルドゥハイルへの移籍が決定しました。

なぜにカタール…

移籍先⑤:FCポルト

2019年7月にポルトガルリーグのFCポルトへの完全移籍が発表されました。

適正ポジション

中島選手のメインポジションはサイドハーフ、主に左サイドハーフを主戦場としています。

スピードに乗ったドリブルから中央への鋭いカットインの形が十八番。

バイタルエリアで最も存在感を発揮するので、トップ下としてもプレーする事が来ます。

管理人テツ
”個の力”で相手選手を抜き去る事の出来る希少な日本人選手、積極的なドリブルスタイルは乾貴士選手とも似ていますね♪

 

中島翔哉のプレースタイルの特徴(武器)は?

Embed from Getty Images

それでは次に中島選手のプレースタイルの3つの特徴をそれぞれ解説していきます!

縦への仕掛けから、相手を置き去りにする鋭いカットイン。

1つ目は、「縦への仕掛けから、相手を置き去りにする鋭いカットイン。

中島選手はドリブルが上手い選手ですが、中でも得意の形が”左サイドからのカットイン”

繊細なタッチから急なギアチェンジで中に切り込むため、

相手選手は分かっていてもなかなか止める事が出来ませんね。。

例えるならば、オランダ代表のアリエン・ロッベン選手のカットイン。

中島選手の場合は縦に突破してから左足で強烈なシュートも打てるので、中切りで対応すると縦にブチ抜かれてしまいます…

管理人テツ
結局何が言いたいかというと、左斜め45度から中島選手がドリブルで侵入すると高確率で決定機が生まれるという事です。(笑)

 

シュートへの意識が強く、強烈なミドルシュートが最大の武器。

2つ目は、「シュートへの意識が強く、強烈なミドルシュートが最大の武器。

ドリブルに特化する日本人選手の多くはシュートに課題を抱えがちですが、中島選手はそうではありません。

言わば、「打ち切れるドリブラー」

中島選手はドリブルだけでなくシュートも大好きな選手なので、毎シーズン強烈なミドルシュートも叩き込んでいますね。

管理人テツ

打ち切れるドリブラーは日本人選手には少ないので、見ていてもワクワクしますよね( ̄∇ ̄)v

 

隙さえあればまず前を向く、攻撃への積極性。

3つ目は、「隙さえあればまず前を向く、攻撃への積極性。

日本人選手は海外選手に比べ”縦への意識”が弱く、プレッシャーを感じるとすぐに後ろを向いてしまいますが、、

中島選手のプレースタイルはそので、

隙さえあればすぐ前を向きます。

本来当たり前のプレーなのですが、多くの日本人選手がこの当たり前のプレーが出来ていないんですよねぇ…

①前を向く回数が多い。

②仕掛ける回数が増える。

③ゴール・アシストが増える。

管理人テツ
このように中島選手の”とにかく前を向く積極性”が、多くのゴール・アシストを生み出しているのです♪

 

スポンサーリンク


中島翔哉のサッカーファンからの評価/反応は?

Embed from Getty Images

続いて中島選手のサッカーファンからの評価/反応を分析していきます。

中島選手に対するサッカーファンのプラスの声マイナスの声それぞれをまとめてみました!

サッカーファンからのプラスの声

サッカーファンからのマイナスの声

 

中島翔哉に対する評価/反応まとめ

中島選手へのサッカーファンからの声を参考に、サッカーファンが思い描く「中島翔哉」の選手像をまとめてみました!

中島翔哉に対する評価/反応まとめ

・カットインが上手くて速い。

 

・ミドルシュートが強烈。

 

・ドリブルでタメが作れる。

 

・守備・球際が軽い。

十八番の鋭いカットインからの強烈ミドルの形は、中島翔哉の代名詞と言えるほどに多くのサッカーファンに浸透しているようですね♪

またボールタッチが繊細でドリブルが上手いので、”タメを作れる”というポイントも評価されているようです。

一方で攻撃力に特化する反面、守備・球際の当たりが軽いというマイナスの声も。。

管理人テツ
攻撃にバランスが偏るこのスタイルでトップを目指すのであれば、メッシやネイマールのように毎試合で得点に絡むほどの活躍が求められるでしょうね( ̄∇ ̄)v

 

~中島翔哉の人気グッズ一覧~

 

まとめ

以上が、選手特集・「中島翔哉」編~になります。

鋭いカットイン・強烈なミドルシュートを武器にする天才ウィンガー、中島翔哉。

そのクオリティの高さから欧州での市場価値も上がってきており、ビッグクラブへの移籍の噂もちらほら耳に入ってきています…

個人的にはリーガエスパニョーラで”個の力”を爆発させて欲しいという思いが強いですね♪

管理人テツ
まぁどこのチームに移籍したとしても、サッカーを心から楽しみ続ける天才・中島翔哉は輝き続けることでしょう( ̄∇ ̄)v

中島選手のますますの活躍を当サイトは心から応援しています!

最後まで閲覧頂き、ありがとうございます。

南野拓実ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.10.18

堂安律ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.09.13
スポンサーリンク


>>【1度は見てみたい】日本代表歴代マイベストイレブン<<