スポンサーリンク


武藤嘉紀ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

~選手特集・「武藤嘉紀」編~

管理人テツ
今回はスピード&フィジカルを合わせ持つ快足センターフォワード、武藤嘉紀という選手に深く迫っていきます♪

本記事を読み、皆さんに武藤選手の多くの魅力が伝われば幸いです。


武藤嘉紀ってどんな選手?ープロフィール紹介ー

Embed from Getty Images

まず始めに、武藤選手のプロフィールをご紹介。

名前武藤 嘉紀(むとう よしのり)
生年月日1992年7月15日
身長・体重179cm・72kg
出身地東京都
利き足右利き
結婚既婚(2015年7月・渡辺輝)
高校年代FC東京ユース
入団チームFC東京
移籍先①マインツ05
移籍先②ニューカッスル・ユナイテッドFC
メインポジションセンターフォワード
サブポジションウィング

高校年代:FC東京ユース

高校年代はFC東京のユースチーム、FC東京ユースに所属していました。

3年生にはチームのエースとして活躍し、トップチームとの2種登録を果たしました。

このままFC東京へ入団の流れかと思いきや、「今、プロの世界に飛び込んでもやっていけない」と大学への進学を決断。

ちなみに大学は慶應義塾大学ですので、文武両道のかなりのハイスペックぶりです。。(笑)

大学のサッカー部でも中心選手として活躍を遂げ、関東大学選抜・日本大学選抜などにも選出され注目を集めました。

入団チーム:FC東京

そして2014年にユースチームで所属していたFC東京への入団が決定。

入団後の2014年シーズンからスタメンの座を勝ち取り、左ウィングや2トップで躍動。

持ち前のスピード・ドリブル技術を活かして得点を量産、リーグ戦33試合に出場しリーグ新人最多記録の13得点を挙げる活躍を見せつけました。

そして自身は史上3人目となる新人でのベストイレブンを受賞しました。

翌2015年も移籍前のシーズン中盤までチームの主力として活躍、リーグ戦17試合に出場し10得点を挙げました。

移籍先①:マインツ05

クラブ・日本代表での活躍もあり、2015年5月にブンデスリーガのマインツ05への移籍が決定。

ドイツでも主戦場としている左ウィングでの起用が予想されていましたが、快足が評価され1トップで起用される事に。

加入後の2015-16シーズンから出場機会を得ると、第11節では日本人2人目となるブンデスリーガでのハットトリックを記録するなど、チームの主力として活躍。

しかしシーズン終盤で右膝外側側副靱帯の部分断裂の負傷を負い、戦線離脱を強いられました。

2015-16シーズンはリーグ戦20試合に出場し7得点の成績。

翌2016-17シーズンの開幕戦で途中出場から復帰を果たしましたが、9月の欧州ELの予選で再び右膝を負傷。

4か月の治療を経て、2017年1月のリーグ第17節で再び復帰を果たしました。

2016-17シーズンはリーグ戦19試合に出場し5得点の成績。

2017-18シーズンは万全の状態でシーズンに臨むと、攻撃の主軸として躍動。

リーグ戦27試合に出場し8得点を挙げました。(チーム最多)

チームは残留争いの中に低迷していましたが、最終戦の武藤選手の決勝ゴールで見事残留を決めました。

移籍先②:ニューカッスル・ユナイテッドFC

2018年7月にプレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドFCへ移籍しました。

適正ポジション

管理人テツ
日本にいた頃はウィングでガンガン仕掛けるドリブラー型の選手でしたが、ドイツにいってからはセンターフォワードをメインポジションとしています。

屈強なフィジカル・爆発的なスピード・1対1での仕掛けから得点を量産中。

ドリブラーからストライカーへの変貌の流れは、例えるならばC.ロナウド。

今ではドリブラーよりもワンタッチゴーラーの印象が強いですよね。

なので武藤選手は左右問わずウィングでもプレーすることが出来ます♪

 

武藤嘉紀のプレースタイルの特徴(武器)は?

Embed from Getty Images

それでは次に武藤選手のプレースタイルの3つの特徴をそれぞれ解説していきます。

センターフォワードには珍しい俊敏性の高さ、キレのある一瞬の動き出しでDFの先手を取る。

1つ目は、「センターフォワードには珍しい俊敏性の高さ、一瞬の動き出しでDFの先手を取る。

武藤選手を語る上で欠かせないのが、爆発的なスピード

50m5.9秒という、日本人選手には非常に珍しい俊敏性を武器とするセンターフォワードです。

その俊敏性の高さから、

・相手DFの裏を取る動き。

・相手DFの前に走り込む動き。etc…

などキレのある一瞬の動きで相手DFの先手を取る事が出来ます。

管理人テツ

このように一瞬のキレで相手DFを振り切る事で、味方選手は抜け出した武藤選手にボールを集めます。

これこそがゴール前で決定機を量産出来る、武藤選手の魅力と言えます♪

 

足元の技術力+フィジカルの強さから繰り出される、力強いドリブル。

2つ目は、「足元の技術力+フィジカルの強さから繰り出される、力強いドリブル。

スピードだけでなく、武藤選手は1対1でのドリブル突破も得意としています。

足元のテクニックだけで相手をかわすのではなく、フィジカルの強さも活かした力強いドリブルが特徴的。

日本にいた頃はスピードで振り切るドリブルが目立ちましたが、ドイツに渡ってからの体幹強化もあり、相手のプレッシャーを受けながらも突き進む強さを手に入れました。

屈強な外国人選手に囲まれながらゴール前に切れ込むドリブルは、世界トップのクオリティ。

管理人テツ
日本人フォワードには珍しい1対1で局面を打開出来る”ドリブル力”、これが武藤選手の2つ目の魅力です♪

 

ドイツの地で培われた得点へのこだわり・エゴ。

3つ目は、「ドイツの地で培われた得点へのこだわり・エゴ。

ドイツに渡って武藤選手が新たに手に入れた武器が、得点力

日本時代からのポジションの変更もあり、1人で長い距離ボールを運ぶスタイルから、少ないタッチでゴールを狙うストライカースタイルへと変貌を遂げました。

またブンデスリーガでの厳しいポジション争いで生き残るためにも、貪欲にゴールを求める”エゴイストさ”を手に入れました。

PKのキッカーを巡って味方選手と大喧嘩になり、監督室に飛び出された事もあるそうです。(笑)

管理人テツ
日本人選手に足りない”ゴールへの貪欲なエゴ”、これが武藤選手の3つ目の魅力と言えます♪

 


武藤嘉紀のサッカーファンからの評価/反応は?

Embed from Getty Images

続いて武藤選手のサッカーファンからの評価/反応を分析していきます。

武藤選手に対するサッカーファンのプラスの声・マイナスの声それぞれをまとめてみました。

サッカーファンからのプラスの声

サッカーファンからのマイナスの声

武藤嘉紀に対する評価/反応まとめ

武藤選手へのサッカーファンからの声を参考に、サッカーファンが思い描く「武藤嘉紀」の選手像をまとめてみました。

武藤嘉紀に対する評価/反応まとめ

・爆発的なスピード。

 

・力強いドリブル、フィジカルが強い。

 

・決定力が高い。

 

・怪我が多い。

さすがは快足センターフォワード、「爆発的なスピード」を評価する声が多いようです。

またスピードだけでなく、「力強いドリブル・フィジカルの強さ」も評価されておりドイツに渡ってからの体幹強化の結果が現れていますね♪

一方マイナスの声は非常に少なく、唯一目に止まったのは「怪我さえ無ければ」という声。

管理人テツ
現に万全な状態であれば世界トップのクオリティを発揮出来るので、今後は怪我には気をつけて欲しいですね…

 

武藤嘉紀の試合中継をライブで視聴するには?

Embed from Getty Images

武藤選手はプレミアリーグでプレーしていますので、通常の地上波放送では試合中継をライブで視聴する事は出来ません。

一般的にはプレミアリーグの試合中継をライブで視聴するには「DAZN」を利用した視聴方法が王道とされています。

以下の記事で簡単&詳しく視聴方法を解説していますので、気になる方は合わせてご覧下さい。

【2018-19】プレミアリーグ試合中継のテレビ/パソコン/スマホでの視聴方法を超簡単解説【誰でも3分で分かる】

2018.03.13

 

~武藤嘉紀の人気グッズ一覧~

 

まとめ

以上が、選手特集・「武藤嘉紀」編~になります。

日本人選手には珍しい、快足センターフォワード・武藤嘉紀。

また元々ウィングでガンガンドリブルで仕掛けていた選手ともあり、足元の技術もトップクラス。

管理人テツ
ポストプレー・裏への抜け出し・自分での仕掛けと何でも出来る万能センターフォワードなので、日本代表でもジョーカーとしてチームに欠かせない存在になっていくでしょう!

武藤選手のますますの活躍を当サイトは心から応援しています(^-^)

最後まで閲覧頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

岡崎慎司ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.03.29

大迫勇也ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.03.29
スポンサーリンク


>>【1度は見てみたい】日本代表歴代マイベストイレブン<<