松井大輔ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

~選手特集・「松井大輔」編~

管理人テツ
今回はサッカーファンを魅了し続けた元祖ファンタジスタ、松井大輔という選手に深く迫っていきます♪

本記事を読み、皆さんに松井選手の多くの魅力が伝われば幸いです。


松井大輔ってどんな選手?ープロフィール紹介ー

Embed from Getty Images
まず始めに、松井選手のプロフィールをご紹介。

名前松井 大輔(まつい だいすけ)
生年月日1981年5月11日
身長・体重175cm・68kg
出身地京都府
利き足右足
結婚既婚(2011年6月・加藤ローサ)
高校年代鹿児島実業高校
入団チーム京都パープルサンガ
移籍先①ル・マン
移籍先②ASサンテティエンヌ
移籍先③グルノーブル
移籍先④トム・トムスク
移籍先⑤グルノーブル
移籍先⑥ディジョン
移籍先⑦PFCスラヴィア・ソフィア
移籍先⑧レヒア・グダニスク
移籍先⑨ジュビロ磐田
移籍先⑩オードラ・オポーレ
移籍先⑪横浜FC
メインポジションサイドハーフ
サブポジショントップ下

高校年代:鹿児島実業高校

高校年代はユースチームではなく、鹿児島実業高校のサッカー部に所属。

3年生時には中心選手として全国高校選手権で準優勝に大きく貢献しました。

※同年代には那須大亮選手も※

入団チーム:京都パープルサンガ

高校卒業後の2000年にJリーグの京都パープルサンガに入団。

入団1年目の2000年シーズンから出場機会を掴むと、リーグ戦22試合に出場を果たし初ゴールを記録しました。

入団2年目となる2001年~2004年シーズンではエースナンバー10を背負い、チームの攻撃陣を牽引。

2002年シーズンにはクラブ初タイトルとなる天皇杯優勝を達成しました。

移籍先①:ル・マン

そして日本代表などでの活躍もあり、2004年9月に当時フランスリーグ2部のル・マンにレンタル移籍での加入が決定。

加入直後の2004-05シーズンからチームの主力として抜擢されると、リーグ戦25試合に出場し3ゴールを挙げる活躍を見せました。

その結果チームは1部昇格圏の2位という成績を挙げ、松井選手は「le soleil du Mans (ル・マンの太陽)」と賞賛されました。

翌2005-06シーズンもチームの中心選手として起用されると、リーグ戦33試合に出場を果たし3ゴール8アシストを記録。

8アシストはフランスリーグのアシストランキング3位を、また1月にはチーム史上初の月間MVPを獲得しました。

その後も2007-08シーズンまで主力としてチームに在籍。

移籍先②: ASサンテティエンヌ

そして2008-09シーズンに同じくフランスリーグ1部のASサンテティエンヌへの移籍が決定。

このチームでのプレーは1シーズンのみ、リーグ戦22試合に出場し1ゴールを挙げました。

移籍先③: グルノーブル

2009-10シーズンは同じくフランスリーグ1部のグルノーブルへの移籍が決定。

同様にこのチームでのプレーは1シーズンのみ、リーグ戦29試合に出場し4ゴールを挙げました。

移籍先④:トム・トムスク

2010年末までの期限付き移籍でロシアリーグのトム・トムスクへの移籍。

出場機会にも恵まれず、リーグ戦7試合の出場にとどまりました。

移籍先⑤:グルノーブル

そして2010-11シーズンの途中から古巣グルノーブルへ復帰。

2010-11シーズン終了までプレーし、リーグ戦16試合に出場し1ゴールを挙げました。

移籍先⑥:ディジョン

2011-12シーズンは同じフランスリーグ1部のディジョンに移籍。

監督からの信頼を得られずに、リーグ戦は3試合のみの出場となりました。

移籍先⑦:PFCスラヴィア・ソフィア

2012-13シーズンはブルガリアリーグのPFCスラヴィア・ソフィアに移籍。

負傷の影響もあり、リーグ戦は11試合の出場にとどまりました。

移籍先⑧:レヒア・グダニスク

2013-14シーズンはポーランドリーグのレヒア・グダニスクに移籍。

チームの中心役を任され、リーグ戦16試合に出場し4ゴールを挙げました。

移籍先⑨:ジュビロ磐田

そして2014年シーズンに当時J2リーグのジュビロ磐田に移籍、10年ぶりのJリーグ復帰となりました。

2014年シーズンの開幕戦からキャプテンを任されるなど、チームの主力としてチームを牽引。

リーグ戦36試合に出場し6ゴールを挙げる活躍を見せました。

2015年~2017年シーズンは出場機会を減らしたものの、頼れるベテランとしてチームを裏から支えました。

移籍先⑩:オードラ・オポーレ

そして2017-18シーズンに自分自身への挑戦となるポーランド2部のオードラ・オポーレへの海外移籍を決断。

このチームでのプレーは1シーズン、リーグ戦の出場は3試合のみとなりました。

移籍先⑪:横浜FC

2018年1月にJ2リーグの横浜FCへ移籍が発表されました。

適正ポジション

松井選手のメインポジションはサイドハーフ

サイドの高い位置でボールを受けて、テクニカルなドリブルで相手守備陣を切り裂くプレーが十八番スタイル。

Jリーグや日本代表ではその攻撃センスの高さから、トップ下でのプレーを任されていた事も。

管理人テツ

個人的にはトップ下で、自由なプレーで王様として攻撃陣を牽引するスタイルの方が好きでしたねぇ~( ̄∇ ̄)

 

松井大輔のプレースタイルの特徴(武器)は?

Embed from Getty Images
それでは次に松井選手のプレースタイルの3つの特徴をそれぞれ解説していきます。

テクニックの高さと柔らかい体使いで相手の重心を崩すドリブル。

1つ目は、「テクニックの高さと柔らかい体使いで相手の重心を崩すドリブル。

松井選手は日本サッカー界を代表とする名ドリブラーの1人。

”松井大輔=ドリブルが上手い”と思っているサッカーファンの方は多いのではないでしょうか?

松井選手のドリブルはスピードで振り切るというよりは、高いテクニックと柔らかい体使いで相手の重心を崩すドリブルが特徴的。

2,3人の選手がプレッシャーに来ても、相手の逆を突き華麗に突破するシーンには何度も興奮させられました( ̄∇ ̄)

相手から逃げるドリブルではなく、高いテクニックを魅せつけて自分から相手をかわしに行くドリブル。

管理人テツ
日本人選手には少ないこの交わし切るドリブルスタイルが松井選手の1つ目の魅力です♪

 

見ているだけでワクワクするような創造性溢れるプレー。

2つ目は、「見ているだけでワクワクするような創造性溢れるプレー。

日本サッカー界で初めてファンタジスタというスタイルを作り上げた、元祖ファンタジスタ・松井大輔

見ているファンの意表を突く創造性溢れるプレーで多くのファンを魅了しました。

「松井選手がボールを持つと何かやってくれるんじゃないか?」と自分もテレビの前で松井選手のプレーに夢中になっていました。(笑)

中でも衝撃的だったのがフランスリーグで見せた、伝説のヒールシュート。

もはや説明不要ですね。(笑)

まさにファンタジスタといえる、感覚的にヒールで流し込んだゴール。

メッシやC.ロナウドでも再現出来ないほどのクオリティの高いプレーと言えるでしょう(*_*)

管理人テツ
世界レベルの創造性溢れるプレーでファンをワクワクさせられる、これが松井選手の2つ目の魅力です♪

 

守備でもハードワークをして、球際でバチバチに戦える。

3つ目は、「守備でもハードワークして、球際でバチバチに戦える。

ファンタジスタと呼ばれる選手の多くは守備の軽さをよく問題視されますが、松井選手は守備でもハードワーク出来るのが最大の強み。

2010年の南アフリカW杯を率いた岡田監督からは、

香川選手は自分のドリブルに固執しているが、松井選手はチームのために戦う事が出来るから選んだ。

球際での強さを高く評価されました。

その期待通り本大会では攻守に渡りハードワークを見せ、チームのベスト16入りに大きく貢献しました。

管理人テツ

攻撃に特化するファンタジスタでありながら、チームのために守備でも戦う事が出来る。

これが松井選手の3つ目の魅力です♪

 


松井大輔のサッカーファンからの評価/反応は?

Embed from Getty Images
続いて松井選手のサッカーファンからの評価/反応を分析していきます。

松井選手に対するサッカーファンのプラスの声・マイナスの声それぞれをまとめてみました。

サッカーファンからのプラスの声

サッカーファンからのマイナスの声

 

松井大輔に対する評価/反応まとめ

松井選手へのサッカーファンからの声を参考に、サッカーファンが思い描く「松井大輔」の選手像をまとめてみました。

松井大輔に対する評価/反応まとめ

・ファンタジスタ。

 

・ドリブルが上手い。

 

・プレーが独創的で興奮する。

 

・スタミナが不安。

さすがは元祖ファンタジスタ、「ドリブルが上手い」「プレーに興奮」するといったテクニックの高さを賞賛する声が多いですね♪

一方マイナスの声は非常に少なかったのですが、スタミナの無さを指摘する声がちらほら見受けられました。

管理人テツ
サイドエリアで攻守においてフル回転するプレースタイルですので、後半にかけてややガス欠になってしまうのは仕方が無いような気もしますが…( ̄∇ ̄)

 

松井大輔の試合中継をライブで視聴するには?

Embed from Getty Images

松井選手はJリーグでプレーしていますので、通常の地上波放送では試合中継を毎試合ライブで視聴する事は出来ません。

一般的にはJリーグの試合中継をライブで視聴するには「DAZN」を利用した視聴方法が王道とされています。

以下の記事で簡単&詳しく視聴方法を解説していますので、気になる方は合わせてご覧下さい。

【2019年】Jリーグ試合中継のテレビ/パソコン/スマホでの視聴方法を超簡単解説【誰でも3分で分かる】

2018.03.08

 

~松井大輔の人気グッズ一覧~

 

まとめ

以上が、選手特集・「松井大輔」編~になります。

トリッキーなテクニックでファンを魅了し続けている、元祖ファンタジスタ・松井大輔。

日本人選手には少ない”見ているだけでワクワクするプレー”が最大の魅力♪

管理人テツ
松井大輔ファンの自分としては、少しでも長い間松井選手のプレーにドキドキし続けたいものです( ̄∇ ̄)

今後の松井選手の活躍を当サイトは心から応援しています。

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

堂安律ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.09.13

乾貴士ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.03.15

>>【1度は見てみたい】日本代表歴代マイベストイレブン<<