スポンサーリンク


香川真司ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

~選手特集・「香川真司」編~

管理人テツ
今回は攻撃に違いを生み出す中盤のテクニシャン、香川真司という選手に深く迫っていきます♪

本記事を読み、皆さんに香川選手の多くの魅力が伝われば幸いです。

スポンサーリンク


香川真司ってどんな選手?ープロフィール紹介ー

Embed from Getty Images
まず始めに、香川選手のプロフィールをご紹介!

名前香川 真司(かがわ しんじ)
生年月日1989年3月17日
身長・体重175cm・68kg
出身地兵庫県
利き足右足
結婚未婚
高校年代 宮城県黒川高等学校
入団チーム セレッソ大阪
移籍先① ボルシア・ドルトムント
移籍先② マンチェスター・ユナイテッド
移籍先③ ボルシア・ドルトムント
移籍先④ベシクタシュJK
移籍先⑤レアル・サラゴサ
メインポジショントップ下
サブポジションインサイドハーフ

高校年代:宮城県黒川高等学校

高校年代ではユースチームではなく、宮城県黒川高等学校のサッカー部に所属していました。

当時から抜群のボールテクニックで存在感を発揮しており、高校1年生の時に日本クラブユースサッカー選手権大会に出場を果たし、高校2年生の時にU-18東北代表に選出され仙台カップ国際ユースサッカー大会に出場しました。

当時から注目度は高く、香川選手の試合には高校の同級生が観戦に来ていたようです!

入団チーム:セレッソ大阪

当時にしては異例、高校2年生にしてセレッソ大阪FC東京からオファーを受けました。

自身の地元・兵庫県神戸市が近いという事もあり、セレッソ大阪への入団を決断。

加入翌年の2006年シーズンこそ出場機会に恵まれなかったものの、2007年シーズンの途中に当時のクルピ監督にポテンシャルの高さを見出されてレギュラーの座を獲得しました。

そして2008-09シーズンは、チームの主力として活躍。

2008年シーズンはリーグ戦で16得点、2009年シーズンは伝統の背番号「8」を背負い27得点を記録しJ2得点王となりました。

移籍先①:ボルシア・ドルトムント

セレッソ大阪や代表での活躍が海外スカウトの目に止まり、2010年7月ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントへ移籍。

加入直後の2010-11シーズンから中心選手として活躍を見せ、リーグ戦前半17試合で8得点を記録しMFとして登録された選手の中ではブンデスリーガ1位を記録しました。

リーグ戦後半は怪我により戦列を離れましたが、チームはブンデスリーガを制覇し、香川選手自身もキッカー誌のブンデスリーガ年間ベストイレブンに選出されました。

翌2011-12シーズンも中心選手として活躍を見せ、リーグ戦13得点9アシストを記録しチームの連覇に貢献。

またドイツ国内のカップ戦・DFBポカール決勝ではバイエルン相手に1得点1アシストを記録し、クラブを史上初の国内2冠に導きました。

移籍先②:マンチェスター・ユナイテッド

欧州市場で高評価を獲得していた香川選手はついに、2012年プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドへ完全移籍。

2012-13シーズンは怪我で戦列を離れる事もありながらプレミアリーグでのアジア出身選手初のハットトリックを達成するなど6得点5アシストと結果を残しました。

翌2013-14シーズンはアレックス・ファーガソン監督に代わりデイヴィッド・モイーズ監督による新体制へと移行したが、チーム・香川選手共に不振に陥る事に。。

18試合に出場して0得点3アシストと、デビューした2007年以降で初めて公式戦で無得点に終わりました。

移籍先③:ボルシア・ドルトムント

マンチェスター・ユナイテッドで居場所を失いつつあった香川選手は2014年8月にボルシア・ドルトムントへ復帰。

2014-15シーズンはチーム・香川選手共に低迷するスタートとなったが、後半戦は香川選手自身も調子を上げ始め、最終節では1得点2アシストの活躍を見せチームでの存在感を確固たる物に。

翌2015-16シーズンはチームの主力として活躍を見せ、リーグ戦では9得点7アシストを記録。

ブンデスリーガ公式サイトが調査したベストイレブンに選出され、トップ下部門1位に見事輝きました。

そして2017年7月に、ドルトムントとの契約を2020年まで延長。

2017年9月にブンデスリーガ日本人最多得点記録となるブンデス通算38得点目を記録、2018年1月にブンデスリーガの通算アウェーゴール2万点となる記録弾を決めました。

2018-19シーズンは構想外となり、多くのクラブへの移籍の噂が。

移籍先④:ベシクタシュJK

そして2019年1月にトルコリーグのベシクタシュJKへ半年間の期限付き移籍が発表されました。

ベシクタシュでは3ヶ月のシーズンを過ごし、4得点2アシストを記録。

移籍先⑤:レアル・サラゴサ

2019年の8月に、リーガエスパニョーラのレアル・サラゴサとの2年契約が発表されました。

適正ポジション

管理人テツ
相手のプレッシャーをいなすボールタッチ・攻撃センスの高さを活かす事を考えれば、トップ下がメインポジションと言えるでしょう。

サブポジションはインサイドハーフ

密集エリアでボールをさばく技術が高いので、インサイドハーフでも存在感を発揮する事が出来ます。

日本代表でもインサイドハーフでの出場がメインとなっていますね。

 

香川真司のプレースタイルの特徴(武器)は?

Embed from Getty Images

それでは次に香川選手のプレースタイルの3つの特徴をそれぞれ解説していきます!

繊細なボールタッチで密集エリアで相手をいなせる。

1つ目は、「繊細なボールタッチで密集エリアで相手をいなせる。

香川選手のボールタッチの繊細さは日本人プレイヤーでは間違いなくトップクラス。

足元からボールを離さず自在にコントロール出来るため、密集エリアでも相手のプレッシャーをいなす事が出来ます。

その繊細なタッチを活かしたトラップ・ターン・ドリブル…などは一級品で相手選手に的を絞らせません。

管理人テツ
その技術力は世界レベルでも通用しており、ブンデスリーガでも2,3人の相手選手を手玉に取るシーンがよく見られましたね♪

 

得点感覚に優れ、ゴール&アシストなど常に得点シーンに絡める。

2つ目は、「得点感覚に優れ、ゴール&アシストなど常に得点シーンに絡める。

香川選手は中盤の選手ですが、FWばりのゴールへの嗅覚を持ち合わせており得点感覚に優れています。

攻撃センスが非常に高く、自らゴールを狙う事もあれば、ラストパスで得点を演出する事も出来ます。

管理人テツ

そのためゴール前で香川選手がボールを受ければ、常に得点の予感が…

相手選手からすると”非常に厄介なプレイヤー”である事は間違い無いですね( ̄∇ ̄)v

 

”一瞬のひらめき”で違いを生み出し、観客を魅了する。

3つ目は、「”一瞬のひらめき”で違いを生み出し、観客を魅了する。

香川選手のプレースタイルの最大の特徴とも言える”一瞬のひらめき”

ヒール・ループ・アウトサイドパス…など香川選手がイメージする創造性溢れるプレーが観客を魅了します。

さらにトリッキーなプレーは通常精度が落ちる事が多いですが、香川選手のプレーは常にハイクオリティ。

管理人テツ

質の高い創造性溢れるプレーで決定機を作り出す。

何気ないワンプレーでも観客を魅了出来るのが香川選手の魅力ですね♪

スポンサーリンク


香川真司のサッカーファンからの評価/反応は?

Embed from Getty Images

続いて香川選手のサッカーファンからの評価/反応を分析していきます。

香川選手に対するサッカーファンのプラスの声マイナスの声それぞれをまとめてみました!

サッカーファンからのプラスの声

 

サッカーファンからのマイナスの声

 

香川真司に対する評価/反応まとめ

香川選手へのサッカーファンからの声を参考に、サッカーファンが思い描く「香川真司」の選手像をまとめてみました!

香川真司に対する評価/反応まとめ

・日本で一番上手い。

 

・ボールコントロールが上手い。

 

・クラブで輝くが、代表でイマイチ。

 

・守備・メンタル面にやや課題がある。

「上手い」という声が多く、ボールコントロールや足元の技術力への高評価が伺えます♪

一方攻撃に特化している反面、守備への物足りなさを感じている声も…

またクラブでは躍動しているが、代表で活躍出来ないのはメンタルの問題?などという声もありました。

管理人テツ
日本代表で長年10番を背負ってきたエースともあり、求められるレベルが高く”期待の大きさ”が感じられますね…(汗)

 

~香川真司の人気グッズ一覧~

 

まとめ

以上が、選手特集・「香川真司」編~になります。

2010年の欧州移籍から3年連続でリーグ制覇を達成するなど、世界のトップカテゴリで実績を残している日本のエース。

管理人テツ
香川選手の一級品の技術力の高さは、これからもサッカーファンを魅了し続けるでしょう♪

今後の香川選手のますますの活躍を当サイトは心から応援しています。

最後まで閲覧頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

清武弘嗣ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.04.12

乾貴士ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.03.15
スポンサーリンク


>>【1度は見てみたい】日本代表歴代マイベストイレブン<<