遠藤保仁ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

~選手特集・「遠藤保仁」編~

管理人テツ
今回はかつて”日本代表の心臓”と呼ばれたレジスタ、遠藤保仁という選手に深く迫っていきます♪

本記事を読み、皆さんに遠藤選手の多くの魅力が伝われば幸いです。


遠藤保仁ってどんな選手?ープロフィール紹介ー

Embed from Getty Images

まず始めに、遠藤選手のプロフィールをご紹介。

名前遠藤 保仁(えんどう やすひと)
生年月日1980年1月28日
身長・体重178cm・75kg
出身地鹿児島県
利き足右足
結婚既婚(2003年・元モデル)
高校年代鹿児島実業高等学校
入団チーム横浜フリューゲルス
移籍先①京都サンガ
移籍先②ガンバ大阪
メインポジションボランチ、インサイドハーフ
サブポジショントップ下

高校年代:鹿児島実業高等学校

高校年代は、Jリーグのユースチームではなく鹿児島実業高等学校のサッカー部に所属。

1年生時には全国高校サッカー選手権で優勝、2年生時には高円宮杯で優勝・全国高校サッカー選手権ではベスト8入りを果たしました。

U-18日本代表にも選出されています。

入団チーム: 横浜フリューゲルス

そして高校卒業時の1998年に横浜フリューゲルスへ入団。

ルーキー1年目の1998年シーズンの開幕戦でプロデビューを果たすと、その後も出場機会を得てリーグ16試合に出場しました。

※横浜フリューゲルスは1998年シーズンで消滅※

移籍先①:京都サンガ

横浜フリューゲルスのクラブ消滅により、1999年に京都サンガに移籍。

移籍1年目の1999年シーズンからレギュラーの座を掴むと、リーグ戦24試合に出場し4得点を記録。

2年目の2000年シーズンも主力として活躍し、リーグ戦29試合に出場し5得点を挙げました。

※京都サンガは2000年シーズンにJ2降格※

移籍先②:ガンバ大阪

翌年の2001年にJ1リーグのガンバ大阪へ移籍。

そして2001年から現在に渡って遠藤選手はガンバ一筋を貫いています。

毎シーズン中心選手としてリーグ戦約30試合に出場しており、その貢献度の高さは間違いなく”ガンバ大阪のレジェンド選手”と言えるでしょう♪

※ガンバ大阪で獲得した主なタイトルは以下の通り※

ガンバ大阪で獲得した主なタイトル
・J1リーグ優勝=2005,2014

・J2リーグ優勝=2013

・Jリーグ杯優勝=2007,2014

・天皇杯=2008,2009,2014,2015

・ACL優勝=2008

・ベストイレブン=2003~2012,2014,2015

・日本年間最優秀選手賞=2008,2014

・アジア年間最優秀選手賞=2009

適正ポジション

遠藤選手のメインポジションはボランチ

フォーメーションによってはインサイドハーフで起用される事もあります。

中央にどっしり構えて、ボールを捌いてゲームを組み立てるプレーを遠藤選手は得意としています♪

また攻撃センスも非常に高く、3バックの時などにはトップ下を任される事も。

管理人テツ
個人的にはトップ下で攻撃に積極的に絡んでいく遠藤選手が好きですが…( ̄▽ ̄)

 

遠藤保仁のプレースタイルの特徴(武器)は?

Embed from Getty Images

それでは次に遠藤選手のプレースタイルの3つの特徴をそれぞれ解説していきます。

”止める・蹴る”というサッカーの基本プレーのスペシャリスト。

1つ目は、「”止める・蹴る”というサッカーの基本プレーのスペシャリスト。

遠藤選手の最大の武器は、派手なテクニックや爆発的なスピードではなく”基礎技術力の高さ”

サッカー未経験者にはイマイチ伝わりづらいスキルですが、とにかくボールを止める・蹴るという基本プレーに特化しています。

・相手の届かない位置に止めるトラップ。

・味方選手が次のプレーをしやすいようなパス。

などとトラップ・パスの質が非常に高く、何気ない1プレー1プレーに遠藤選手のこだわりが垣間見れます。

管理人テツ
特に”蹴る”というプレーの精度は日本サッカー界の中でも間違いなくトップクラス、キックミスも非常に少なく遠藤選手の精度の高いパスでゲームが組み立てられていきます。

キック精度でいえば、「FK・CKも超一流」・「コロコロPK」も世界で話題を集めましたね♪

 

意図を持った質の高いパスでゲームを動かせる。

2つ目は、「意図を持った質の高いパスでゲームを動かせる。

次なる遠藤選手の武器は、”意図を持った質の高いパス”

サッカー経験者でなければイマイチ想像しにくいかもしれませんが、

・相手を食いつかせるパス。

・攻撃のスイッチを入れる縦パス。

など1つ1つの遠藤選手のパスには”意図”が込められています。

アフレコを付けるとすれば、

「相手が食いつくまで、まだ仕掛けるなよ。。」

「よし、行ってこーーい!!」

といった感じですかね。(笑)

無意味なパスでは展開を動かす事は出来ませんが、このような”意図のあるパス”であれば1本でも局面を打開する事が出来ます。

管理人テツ
”意図のある”質の高いパス、これこそが司令塔・遠藤保仁の2つ目の魅力と言えます♪

 

”ブレないメンタル”、安定したプレーで常にチームの中心に君臨。

3つ目は、「”ブレないメンタル”、安定したプレーで常にチームの中心に君臨。

意外と知られていない遠藤選手の強みとも言えるのが、”ブレないメンタル”

「緊張はしないし、慌てたりすることもない。ストレスは感じない方。人の話をあまり聞いてないところが欠点」

と本人が語っているように、遠藤選手は常に落ち着いてどっしり構えており、安定したプレーを毎試合発揮し続けています。

元日本代表のオシム監督からは

「常に自分をコントロールし、チームメイトや対戦相手もコントロールする。その知性はチームに大きなプラスアルファをもたらす。彼がいれば監督は必要ない」

とまで高い評価を受けており、そのメンタリティの高さがワールドクラスである事が伺えます。

管理人テツ
自分を律し安定したプレーでチームをも律する、この”ブレないメンタル”こそが遠藤選手の3つ目の魅力と言えます♪

 


遠藤保仁のサッカーファンからの評価/反応は?

Embed from Getty Images
続いて遠藤選手のサッカーファンからの評価/反応を分析していきます。

遠藤選手に対するサッカーファンのプラスの声・マイナスの声それぞれをまとめてみました。

サッカーファンからのプラスの声

サッカーファンからのマイナスの声

 

遠藤保仁に対する評価/反応まとめ

遠藤選手へのサッカーファンからの声を参考に、サッカーファンが思い描く「遠藤保仁」の選手像をまとめてみました。

遠藤保仁に対する評価/反応まとめ

・パスが上手い。

 

・食いつかせるパス・いなすパスなど意図のあるパスが魅力的。

 

・フリーキックが上手い。

 

・スピード感が物足りない。

さすがはキックの名手、「パスが上手い・フリーキックが上手い」という声が圧倒的に多かったです。

また食いつかせるパス・いなすパスなどパスの使い分けの上手さを評価する声も。

一方”日本代表の心臓”と呼ばれたレジェンドともあり、マイナスの声は少なかったものの「スピードが足りない」という声がちらほら。

管理人テツ
確かに遠藤選手のプレースタイルは遅攻型、スピードに乗ったカウンター時にストレスを感じているファンの方も多いようですね…

 

遠藤保仁の試合中継をライブで視聴するには?

Embed from Getty Images
遠藤選手はJリーグでプレーしていますので、通常の地上波放送では試合中継を毎試合ライブで視聴する事は出来ません。

一般的にはJリーグの試合中継をライブで視聴するには「DAZN」を利用した視聴方法が王道とされています。

以下の記事で簡単&詳しく視聴方法を解説していますので、気になる方は合わせてご覧下さい。

【2019年】Jリーグ試合中継のテレビ/パソコン/スマホでの視聴方法を超簡単解説【誰でも3分で分かる】

2018.03.08

 

~遠藤保仁の人気グッズ一覧~

 

まとめ

以上が、選手特集・「遠藤保仁」編~になります。

基礎技術力・キック精度の高さを武器に”日本代表の心臓”とも呼ばれた遠藤保仁。

気つけば所属クラブではチーム最年長、ベンチに回る事が増えてきているもののピッチに立てばクオリティの高さは健在。

管理人テツ
サッカーファンとしては、1試合でも多く遠藤選手のプレーをJリーグで堪能したいものです( ̄▽ ̄)v

今後の遠藤選手のますますの活躍を当サイトは心から応援しています。

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

山口蛍ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.05.17

長谷部誠ってどんな選手?プロフィール・プレースタイル、評価まとめ!【過去の移籍先/結婚/ポジションetc】

2018.04.04

>>【1度は見てみたい】日本代表歴代マイベストイレブン<<